直線上に配置

ちょっとまって!ケ−タイ
ー被害者にも加害者にもならないためにー

アイコン ねらい
  携帯電話による犯罪の被害者、加害者にならないようにするためにどうすればよいかを知り、自分の生活を振り返って見つめ直す。

アイコン 指導計画
  (1)事前の関連アンケートの集計結果を示し、携帯電話の問題に 関心をもつ。 
(2)携帯電話でできることを話し合う。 
(3)資料DVD「ちょっと待って、ケータイ」を視聴し、問題点を明ら かにし解決方法を考える。 
(4)資料DVDと自分の生活とを照らし合わせて、気を付けなけれ ばいけないことを考える。 
(5)各自の考えを発表する。

アイコン 授業実践例
  (1)事前のアンケート結果を示し、携帯電話の問題に関心をもつ。 
  ・携帯電話を持っていますか。 
  ・いつになったら携帯電話を持ちたいと思いますか。(持ってい   ない人) 
  ・架空請求を知っていますか。 
(2)携帯電話でできることを発表する。 
  ・電話・メール・インターネット・テレビ・写真・買い物・電卓 
  ・音楽・動画・位置を知らせる など 
(3)資料DVD「ちょっと待って、ケータイ」を視聴する。 
(4)生じた問題の原因と解決方法について話し合う。 
(5)今日の授業の感想を書く。 
(6)感想を交流する。
成果と今後の課題   
 携帯電話を早く欲しいと思っている児童は多い。だが、DVDを視聴しみんなで話し合うことで、架空請求やプロフ等で個人情報を公開することの危険さについて知ることができた。また、携帯電話の便利な点だけでなくよくない点についても考えることができた。それから、生じた問題の原因を考え、解決方法を考えることでいくつかの対処法があることが分かった。携帯電話にとどまらず、よりよいコミュニケーションのあり方について今後も考えさせていきたい。

トップ アイコントップページへもどる

直線上に配置